舌ってほんとはこんなに働いてる

LINEで送る
Pocket

口腔機能低下症という言葉を聞かれたことはありますか?

口腔機能低下とは、加齢により口腔内の『感覚』『咀嚼』『嚥下』『唾液分泌』などの機能が少しずつ低下してくる状態で、最近ではオーラルフレイルとも言われてます。

歯がたくさんあるのに食べる機能がおちてしまう人が少なくないと言われています。

若い方は自分はまだまだ…と思われるでしょうが、確実に歳とっていきますしね!でもピンとこないと思うので、ご両親の事を想いながら読んで下さいね。

『噛む・飲み込む』は舌なしでは出来ません。健康に生きる為に舌はとっても大事。なぜなら…

舌の役割って、

●味を感じる

●噛みやすい様に歯の上の方に運んだり

●飲み込む時、食べ物を塊にまとめて喉の奥に押し込んだり

●正しい呼吸にします

舌は筋肉で出来ています。舌の筋力が衰えると

⬇️

その舌の機能も衰えていき、タンパク質が充分取れなくなり

⬇️

全身の筋肉が落ちて

⬇️

舌の筋肉が落ちる

と言った悪循環になってしまうのです。

そうならないように舌の筋トレしていきましょう。

パールスマイルでは、舌の筋トレ方法をお伝えしていきます。

お気軽にお尋ね下さい

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

審美歯科学会認定歯科衛生士。NLPマスター。柔道弐段。資格がとっちらかってますが、どれも一生懸命やってきました。 趣味はピアノ。特技はざっくりした手話。