キシリトールってよく聞くけど何がいいの?

LINEで送る
Pocket

もうキシリトールを知らない方はあまりおられないかもしれませんが、なんでいいのかがよくわからない方は多いと思います。

砂糖と同じ甘味度をもつキシリトール。だけど、その働きは全く違います。

ムシバ菌と言われるミュータンス菌は、糖分を食べて栄養を取り込み、不溶性グルカン(歯に菌をくっつけやすくする)や酸(歯を溶かす)を出します。

しかし、ミュータンス菌がキシリトールを食べても、栄養にならないどころか、不溶性グルカンも酸も排出しません。

栄養にならないので、菌は弱くなり、歯ブラシでも落としやすくなります。

又、酸の排出は、なんと0になります。不溶性グルカンも排出されないということは、菌がくっつきにくくなるものを出さないし、歯を溶かさないので、虫歯になりにくい環境にしてくれるんです。

さらに、再石灰化を促してくれるので、歯を固くしてくれます。

でも、キシリトール入ってたらなんでもいいかっていうと、気をつけなければならない点があります。

  • 砂糖と一緒に含まれていない
  • 濃度が50%以上(できれば100%)
  • 1日5〜10グラムを3ヶ月以上続ける
  • ガムかタブレット(口中にとどまる時間が長いため)

キシリトールは安全とされているので、なんグラムまでという規定はありませんが、いっぺんに取るより1日数回に分けて取る方が良いとされてます。

ただーし‼️キシリトールは歯ブラシに代わるものではないので、歯ブラシ、フロスはしっかりしましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

審美歯科学会認定歯科衛生士。NLPマスター。柔道弐段。資格がとっちらかってますが、どれも一生懸命やってきました。 趣味はピアノ。特技はざっくりした手話。