この時期だから…肺のチェックとは

LINEで送る
Pocket

昨日お客様より、こんなチェック方法を教えていただきました。

ドクターから拡散してという事なので、

是非皆さんも知ってもらった方が良いと思ったので、載せますね。

日赤医療センターの医者から

新型コロナウィルスは、感染されても何日も症状が出ない場合があります。では、自身が感染されたかどうか、どう分かるのでしょう。
咳と熱の症状が出て、病院に行った時は大体50%は肺が繊維化されていると考えられます。
即ち、症状が出て受診すると遅れるケースが多いのです。

台湾の専門家は、毎朝、自身でチェックできる簡単な診療を提示してます。

深く息を吸って、10秒我慢する。咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。(注:新型コロナで悪化すると、肺胞の組織が繊維化して硬くなっていくようです。)

現在、既に大変な事態になってるので、毎朝、良い空気を吸いながら、自己診断をしてみてください。

また、日本のお医者さんは、とても有効なアドバイスをしてくれています。皆んな、常に、口と喉を濡らして、絶対に乾燥した状態におかないこと。15分毎に水を一口飲むのが良いそうです。
ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって、食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。
水分をよく取らない場合、ウィルスが気管支から肺に侵入してしまうので、とても危ないのです。

出来るだけ沢山の人に拡散して下さい。

日赤医療センタードクターから

パールスマイルでもお伝えさせていただいてる、唾液マッサージは、唾液の中に免疫物質があるので、たくさん出す事は感染予防に効果的と思われます。

上の予防法と共に、おうちでも、唾液腺マッサージやってみてくださいね。

唾液腺マッサージがよくわからなければ、いつでも聞いていただければ、来られた時にレクチャーしますよ♪

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

審美歯科学会認定歯科衛生士。NLPマスター。柔道弐段。資格がとっちらかってますが、どれも一生懸命やってきました。 趣味はピアノ。特技はざっくりした手話。